こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

アミノ酸がタンパク質なのに熱湯に入れてもダマになら

アミノ酸がタンパク質なのに熱湯に入れてもダマにならないのはなぜですか?

投稿日時 - 2019-10-15 23:07:36

QNo.9667590

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

タンパク質が熱変成することと,アミノ酸が熱湯に溶けることに疑問を感じると言う事ですよね?

簡単に言えば,ながいビーズをたくさん通してあるネックレスが絡まったとします。これは長い糸だからグチャグチャにすると絡まりますね。
これは熱変成してしまったタンパク質と同じです。簡単な例はゆで卵。熱湯を掛けると白く固まります。

一方ビーズだけにしてみてください。ビーズとビーズの間の糸をはさみで切ってもかまいません。ビーズは絡まないですよね。それぞれのビーズに別れたからです。これがアミノ酸の状態。
アミノ酸がペプチド結合をして直長鎖になったのがポリペプチド,つまりタンパク質です,タンパク質は普通はそれぞれ固有の折りたたみ方をもっていますので,そのように正確にたたまれて構造をとったのが,タンパク質や酵素と呼ばれるものになります。
タンパク質の状態で熱湯を掛ければ卵スープのように変性しますが,アミノ酸の状態であれば可溶性が高いため,お湯にもしっかりと溶けてしまいます。

投稿日時 - 2019-10-16 02:18:25

お礼

皆さんありがとう

投稿日時 - 2019-10-16 20:44:04

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

アミノ酸はタンパク質じゃないよ

投稿日時 - 2019-10-16 10:55:34

ダマって、コロイドの事です。アミノ酸は分子量がかなり小さくまたアミノ基とカルボキシル基が付いているので、親水性要素が強いからではないでしょうか?

投稿日時 - 2019-10-15 23:17:15