こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

血液は?

食用に供する馴染みのある動物と言えば、魚、牛、豚、鳥・・などがあります。
魚は特に身近で、魚釣りで釣った魚を血抜きをして食べることもあるわけですが、
生きているうちにエラを切って水に浸けておくことで血液を抜くことが出来ます。でも、死んでからエラを切っても血は流れて来ません。これはきっと心臓(ポンプ)が動いていないからなんだろうと思っています。
質問ですが、
(1)牛、豚、鳥などは食用にする場合、血抜きってしているんですよね?
(2)どうやってと殺して血抜きしているのでしょうか?
(3)食肉を食べて「鉄?血っぽい味がする」ことも極稀にありますが、これは血抜きが上手くいかなかったせいですか?
(4)生きている動物に刃物を入れれば血が流れますが、死んだ動物に刃を入れても血は流れない(?魚以外に死んだ動物に刃を入れたことは無いかも)と思いますが、血液はどこでどうなったのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-08-19 05:32:46

QNo.9647117

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

1.放血といって必ず行っています。

2.殺しませんよ、すばやく放血させるため、
気絶させ、首と後ろ足の太い血管を切り、
頭下にして吊るします(後工程のやりやすさもかねて)

3.肉の種類にもよります、
牛・豚・鶏・羊などであれば、放血の失敗
ジビエなら、もともと放血していないこともある。
ダチョウはストレス与えながらだと、
毛細血管が破裂するらしく、放血以前に肉に血が残るそうです(いくら流水等で抜いても駄目)。

4.心臓が止まった直後なら傷をつければ流れますよ。
心臓が止まると、血流がなくなるので凝固し始め(凝血塊ができる)、
凝固していない血液は重力の作用で下の方に集まってきます(死斑ができる)。
この状態で上側を傷をつけても血は出てきません、
下側であれば、未凝固の血液が多少流れます。

投稿日時 - 2019-08-19 13:00:13

お礼

ありがとうございます。
よく分かりました。

投稿日時 - 2019-08-25 00:41:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

はじめまして♪

(1)牛、豚、鳥などは食用にする場合、血抜きってしているんですよね?
はい、美味しく食べる、安全に流通出来るように、血抜きは行なわれます。

(2)どうやってと殺して血抜きしているのでしょうか?
基本的に、「殺す」のが先では無く、大量出血となる動脈の部位を切り、失血させます。

(3)食肉を食べて「鉄?血っぽい味がする」ことも極稀にありますが、これは血抜きが上手くいかなかったせいですか?
まぁ、タマにはアルでしょうか、、、一般的なスーパーやデパートなどで売られる「精肉」では、ほとんど無いと思いますが。。。

(4)生きている動物に刃物を入れれば血が流れますが、死んだ動物に刃を入れても血は流れない(?魚以外に死んだ動物に刃を入れたことは無いかも)と思いますが、血液はどこでどうなったのでしょうか?
お魚も、釣り上げてから翌日に血抜き、なんて事が無いのと同じ。血液は他の物に触れれば、傷口を塞ぐために固まります、そのため、まだ活きてる状態か、ほぼそれに近いタイミングで「血抜き」を行ないます。

山間部の奥で狩猟を行なう人などは、猟銃などでしとめた場合、まだ完全に死亡して居ない状況で、下の方にある「沢」に運んでから、刃物で動脈を切って、血抜きを行うそうです。

運ぶ時間とかで、死んでしまった(心臓が動いていない)という場合は、高低差を利用した血抜きで対処だそうです。

投稿日時 - 2019-08-22 20:20:32

お礼

ありがとうございました。
わかりやすかったです。

投稿日時 - 2019-08-25 00:42:10