こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

メタン分解細菌

さいきん深海で蟹がメタンを食べてるツイッター動画が流れていますが、メタン分解生物とはどのようなものなのでしょうか?

メタン細菌でぐぐると当然メタンを生成する細菌が出てきますが、私の質問はメタンを作る側ではなく消費してエネルギーをえる生物です。

投稿日時 - 2019-08-14 12:06:17

QNo.9645559

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

参考
メタン生成酵素の親類がメタンを分解-海底の微生物層の酵素を結晶 ...
http://www.jst.go.jp/pr/info/info848/index.html
抜粋
メタン生成酵素の親類がメタンを分解することなどが分かりました。

投稿日時 - 2019-08-14 12:30:24

お礼

ご解答ありがとうございます、まだ最近わかりはじめたみたいですね。

投稿日時 - 2019-08-14 21:58:49

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

 「カニがメタンを食べている」と書いてありましたか?

 メタンハイドレートもあるので低温・超高圧状態ではメタンも固体化しているのかもしれませんが、基本的に泡になって急上昇していく気体は、カニには食べられませんよね。

 メタンそのものを食べているのではなくて、下記のように熱水噴出口から出る硫黄などを分解して自分の栄養にする「共生細菌」を食べているのだと、私は思います。

 カニは、自分の腕などに細菌を共生させてそれを食べているのだと思います。テレビではそういう説明でした。カニが食べているのはメタンでもないし、硫黄そのものでもないのだと私は思います。

 なので「私は『メタン分解生物』について尋ねているのだ!他は不要だ」と言われると書くことはありませんが、

 熱水噴出口付近にいるカニと同じように熱水噴出口(チムニー)脇にいて、体の内に共生させている微生物を食べている(エネルギーを受け取っていると言うべきか)生物に、例えばチューブワームという深海生物がいますが、それが共生しているのは「イオウ酸化細菌」と呼ばれるもののようです。

 その、食料となっている細菌は、海底火山から噴出する硫化水素(火山ガス)を吸収して、そのエネルギーで二酸化炭素を改変(光合成と似た作用で)して体内で栄養を作り出しているとのことです。

 そしてその栄養をチューブワームが摂取して、自分の体を作り出して生きているのだそうです。

 同じように、チムニー脇にいるカニも同じ物を食べているのだと思いますよ。

 それか、チューブワームの出しているエラ状の赤いものを挟んでいるカニの映像を見たような記憶がありますので、チューブワームなどの生物を餌として食べているのかもしれません。

 少なくても、「蟹がメタンを食べてる」というのは間違いだと思います。もちろん私は学者ではないので、私の理解が間違っているのかもしれませんが。

 詳しくは、「チューブワームの食料は」くらいで検索してみて頂けますか。どのサイトの話を自分は信用しているのか、私は忘れてしまいましたので (^_^;;

投稿日時 - 2019-08-14 17:25:06

お礼

えーと文字通り足元から気体がでてくる環境で蟹がそこに群がって気体を集めてる図です。
集めすぎたやつは上に浮いていなくなっちゃいます。

集めたメタンを分解する細菌が消化管の中か鰓のなり甲羅の周りかまでは、私は英文を読んでないので把握してないですが。

ご解答ありがとうございました。

投稿日時 - 2019-08-14 22:03:16