こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【腕時計】腕時計に詳しい人に質問です。

【腕時計】腕時計に詳しい人に質問です。

日本のSEIKOセイコーのSBGC230モデルはなぜベルトの金具の位置が逆になっているのですか?

投稿日時 - 2019-06-30 16:21:03

QNo.9630601

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

No.1です。誤記訂正すみません。

>この時計のDバックルの開閉は本タイプの場合6時側の金具を引き広げます。

正⇒12時側です。Dバックル表面側金具(GS部分)を12時側にひき広げます。

>一般的にですが片開期

正⇒片開き

失礼しました m(__)m

投稿日時 - 2019-06-30 18:51:19

お礼

ありがとう

投稿日時 - 2019-07-01 17:20:38

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

初めまして。拙い知見ですが宜しくお願いします。

>日本のSEIKOセイコーのSBGC230モデルはなぜベルトの金具の位置が逆になっているのですか?

本時計、こちらの写真で見ると、革ベルトの穴の開いている部分が従来なら6時側のところ、12時側になっていますネ。
https://gqjapan.jp/watch/news/20190524/grand-seiko-sc19-01

これはベルトを止めるバックル(中留)が『Dバックル』で、かつ片開きのタイプに多いベルト長さ調整構造のためです。

GRANDSEIKOの純正Dバックル装着時がこちらになります。
(添付の中程に時計を横に革ベルトとバックルがつながっている写真・クリックで大きく見える)
https://k-tai.watch.impress.co.jp/cda/article/todays_goods/22899.html

純正Dバックル例(色・材質・ベルト幅・モデルによってSEIKO設定)
https://store.shopping.yahoo.co.jp/watch-moonf/r0101ac-bk00.html?sc_i=shp_pc_search_itemlist_shsrg_title#ItemInfo

従来革ベルトは一般的な尾錠でその都度抜き差ししてましたが、ベルト穴・その川部分が脱着で痛む事、時計の脱着時誤って落下を防ぐ目的で、一般の金属ブレスの様に一連で接続し、容易にしたものです。

この時計のDバックルの開閉は本タイプの場合6時側の金具を引き広げます。
このため通常とは逆の革ベルト設定になります。
Dバックル内のピンにベルト穴の設定しフィッティングが決まれば、その後Dバックル金具の開閉のみで時計の脱着が出来ます。

余談ですが、Dバックルも時計メーカーでいろいろタイプがあり、革ベルトの止め方も違います(革ベルトに穴が無いタイプもある)し、一般的にですが片開期のタイプと、観音開きタイプ(真ん中にボタンが有りバックルが左右に広がる)があります。メーカーやその構造によっては革ベルト(又はウレタンベルト等)の6時側、12時側の設定もそれぞれあります。
(観音開きタイプ含む一般事例)
https://fashion.adeliepenguin.info/8064.html

長文愚答ですが参考になれれば幸いです。

投稿日時 - 2019-06-30 17:18:10