こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年金法廷免除なら払わないで貯金してた方が得?

障害者雇用で就職が決まりました。
障害基礎年金を受給し法廷免除になっている老齢基礎年金の免除分が10年分で
多分160万~180万ぐらだと思います。

これを支払う必要があるのか再び悩んでいます。

なぜかというと下記の記事を読んだからです。
これは障害基礎年金の法廷免除の話ではないのですが、
93歳にならなければ70歳以上でも働きそのぐらいからの支給になりそうだからです。

となると、自分で貯金しておいた方がいいのかなぁとも考えてしまいました。

どう思われますか?


年金「93歳」まで生きなければ損に…70歳以上も加入義務化で試算

https://dot.asahi.com/aera/2019053000020.html?page=1

投稿日時 - 2019-06-03 20:49:15

QNo.9622743

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

就職おめでとうございます。
ただ、FP2級の資格を持っているのですが、質問の意味がよく分かりません。

障害基礎年金を貰いながら就職することが可能であることはあまり知られていません。
何故なら、1級、2級の障害基礎年金の受給要件が「日常生活に支障があること」とありますので、働けるならと障害年金から外されることが危惧されるからです。

あなたはそこらへんが不安なのでしょうか?

まず確認したいのは、法廷免除が解除されたからと言って今までの免除分の年金保険料を支払えとはなりません。
法廷免除分をそのままにしておけば、普通支給される2分の1の年金が支給される形になるだけです。
考えられるのは、生活保護の方が生活が上手くいって免除分を追納する形で普通通り年金を支給されるということでしょうか。

障害基礎年金を貰っている人が、何故、追納する必要があるのでしょうか?
もしかして、将来障害年金に該当しなくなる可能性があるのでしょうか。

障害程度は将来も同じと限りませんので、不安でしたら貯金しておくのが一番いいと思います。
どうしてもというなら追納を年金事務所で相談してみてください。

現在の老齢基礎年金の満額支給額が、年額約79万円程度です。
障害年金を外れても、あなたは半分の年金(法廷免除期間✖約1万円程度)が支給されます。

20歳から60歳までの40年間で満額支給されます。
40年✖約2万円=年間約79万円の支給という計算です。

あなたはこれから働くので厚生年金がそれにプラスして支給されます。

投稿日時 - 2019-06-04 12:06:55

お礼

回答ありがとうございます。

自分の障害は永続認定の身体障碍と違い、
数年置きに障害等級が見直される精神障害です。

その為、65歳時点で障害基礎年金の認定が認められず、
老齢年金の受給になった場合に

追納をしておかないと、法廷免除分の納付期間分を差し引かれた
満額でない老齢基礎年金が支給されることになります。

そのことを心配して追納しておりました。

現在、自分は、10年の追納期限になりそうなギリギリの分を
コツコツ、1ヶ月ずつ追納しております。

今年から就職も決まり、厚生年金にも加入するので、
追納していない10年分を全額追納してしまおうかと考えておりました。

しかし、ニュース記事を読んだところ、

年金の支給開始が75歳ぐらいにずれ込む恐れがあることや支給額の減額、
の可能性を考えると自分で180万円ほどのお金を貯金しておいた方が
得なのかと考えるに至りました。

将来的に生活保護を受けるつもりはなく自己資金と年金で老後の生活を
送ろうと考えております。

その為に、年金の支払いについてどうするべきか考えてしまいました。

仮に65歳時点で障害基礎年金の受給資格があれば180万円は
無駄になってしまうことになります。

なので、このお金を支払ってまで年金を信頼して頼るのがいいのか
少し疑義を持ってしまい不安になり質問をした次第です。

アドバイスいただけると幸いですよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2019-06-04 15:40:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

(1)障害基礎年金を60歳以降も受け取れる...貯金しておいてください。
(2)障害基礎年金を60歳以降は受け取れない
(2-1)75歳になる前に死ぬ...貯金しておいてください。
(2-1)75歳になってもまだまだ生きる...10年免除分を追納してください。
あなたの将来がどれになると思っているのかによって決めてください。

投稿日時 - 2019-06-03 22:52:45

お礼

回答ありがとうございます。
シンプルにこの3択の答えを考えるしかないですよね。

年金支給が75歳になった場合には
もっと年金が頼りになる可能性が低いとも考えられるし、

自分の資金もショートするだろうから生活保護を頼ることになり
どうでもいいともいえるし。

難しいです。

手元にお金を残しておいた方がいいですかね?

悩みます。

80ぐらいまでは生きると自分では考えているのですが、、、
となると10年分は追納すべきなんですかね?

投稿日時 - 2019-06-04 15:45:10

ANo.3

それ、正しく全額と加算分を含めて確認した方がいいですよ。

投稿日時 - 2019-06-03 22:34:01

お礼

回答ありがとうございます。

以前に計算したところ、
仮に、65歳時点で障害基礎年金から外れた場合で年間約24万のマイナス
支給になるはずです。

これから、就職をするので厚生年金に加入して年金の支払いを折半してもらうとすると、国民年金は大丈夫なるので、

未納分180万円ほど、

なので支払ったとすると65歳以降、年金受給から8年で元が取れることになります

なので支払おうと考えていますが、さまざまな人から止められるので
考えてしまっています。

投稿日時 - 2019-06-04 15:58:11

ANo.2

法令免除分を考慮すれば未納でも何れ受給可能時点で一括納税義務があるので、
納税ならば出来る時期にしておく方が良いだろうし先の将来受給金額よりかは、
現在働いて得られる金額を大事にするべきだろうし、誰しも永久的に仕事有る訳でもないもので、慎重に考えるべきでしょう。

投稿日時 - 2019-06-03 21:58:22

お礼

回答ありがとうございます。
一括納付義務とはなんですか?

追納は任意で選ぶ権利で、現在自分に確定しているのは
障害基礎年金の受給権(有期)

改定があった場合、
法定免除減免額支給老齢基礎年金受給権

だと思います。

65歳時点で障害基礎年金から老齢基礎年金に切り替わった際に
その時に未払い分を一括支払いは出来ないと思うのですが、
出来るのでしょうか?

追納権は10年満期でどんどん消滅していくので支払えないと思います。

アドバイスよろしくお願いします。

投稿日時 - 2019-06-04 15:52:52

ANo.1

得か損かは、過ぎ去ってみなければわからない。
預金は増えないが、年金は、物価上昇分を見ている。
長く生きればすごい得になる。

年金を掛けたら損だと、昔から雑誌などで言われてきたが、
掛けないで、一千万円以上損をしている人は多い。

投稿日時 - 2019-06-03 21:49:03

お礼

回答ありがとうございます。
今まで、人口が増え成長してきた日本と
今後、人口が今より5000万人減少する衰退国家になる日本とで
年金に頼るのはとも思いますが、

さりとて、年金以外に自己資金で老後を賄う自信もないんですよね。。。

投稿日時 - 2019-06-04 15:47:13