こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「すごい画家」はどうやって決まっているの?

レンブラントやモネ、ゴッホなどのように、教科書に載るような昔の画家がいます。これは評価が高いからだと思いますが、どのような基準なのでしょうか?

また、1900年以降の画家だと歴史的に評価されている画家は多くない印象ですが、まだ評価が定まっていないのでしょうか?

投稿日時 - 2019-05-08 15:11:47

QNo.9614712

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 芸術家と言うのは、政治家や官僚などの権力者に友達がいないと有名になれません。権力者でなくても宗教との関係とか、社会的な力を持っている勢力の支援が無ければ陽の目を見ないでしょうね。

 もう一つは時代の変遷に敏感である事です。レンブラントは光の画家と呼ばれるように、光と影をうまく使いこなして印象を良くする技法で有名になりましたし、モネも光の乱反射を描写する印象派の画家です。印象派が出て来たのは、写実主義絵画が写真技術の発明によって人気を失い、絵画の方向性が変わった時期に始まっています。

 そういう意味では、CG技術が普及した現在は、CGで描けない絵画を描かないと有名になれない時代でしょうね。

 1900年以降の画家が歴史的評価が低いのは、ファシズムに迎合した新古典主義絵画とか、マイナス面を持つ画家が多くいたのと無縁ではないでしょう。産業革命は絵画の衰退を招いた時期で、情報革命の現在は絵画が意味を持たなくなった時期だと思います。

 凄い画家になりたければ、政治家やマスコミと繋がって、権力の庇護の下で才能を発揮しないと評価されません。

投稿日時 - 2019-05-08 16:07:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

有名な人に弟子入りして気に入られる。
これは昔も今も変わらず残っています。
〇〇展という有名な作品展で入賞するには そういった後ろ盾が必要です。
入賞すれば 美術系のマスコミも持ち上げる。
こればかりではありませんけどね。

投稿日時 - 2019-05-10 01:18:21

ANo.3

芸術品の評価は売買価格です。
売買価格が高い作者は高く評価されます。
売買価格が高くなるのは、作品数が少ないか、購入希望者が多い事です。
現在でも、生存している画家と、亡くなった画家では後者が高くなります。
作品数が増えないからです。
亡くなったとたんに価格が倍以上になった画家もいます。

投稿日時 - 2019-05-09 20:11:32

ANo.1

絵を買う人がいるかどうか

投稿日時 - 2019-05-08 15:12:39