こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

かんぽ生命

8歳の娘と6歳の息子がいます。
娘が生まれた時からかんぽの学資保険に入っています。詳しい方に方お聞きしたいです。

最近のかんぽ生命の株の売り出しやアフラックへの出資のニュースを見て呆然と不安を抱えています。最近のかんぽに対する色んなコメントや周りの話を聞いてる内に将来的にかんぽは消滅するとか言う話を頻繁に聞くようになりました。

適当にかんぽに決めた訳では無いですが、漠然とした信頼だけでかんぽに決めた事が悪かったような気がしてます。

先の事なんて誰も分からないと言われればそれまでですが、このままかんぽで大丈夫なのか、今更どこか別の保険に変更しても大丈夫なのか、アドバイスをいただければ幸いです。

投稿日時 - 2019-04-16 09:11:39

QNo.9607277

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

国が株をいっぱい持ってると、やっぱ口出しします。
仰るように
震災復興資金のため、郵政株を追加売却。
郵政民営化法の示す 3分の1を超える程度 まで
落とす。
57%持ってた株を減らす。
それは、最初から決められてたことですし
別に不思議はない。

かんぽ生命については
出資比率を89%から65%程度に下げる。

アフラックの件は、なりふりかまわず
なんでもする・・・のような情報もあれど
本当の意味での民営化が進み
今まで国がうるさいので、できなかったけど
これからは、国もちょっとは離れる。

あんなことで金儲けだ!
これもやろう!!

など、ちょっとは自由になる。
これは有利、と思うんです。

かんぽ以外の保険会社は、最初から100%民営化だった
けれど
かんぽだって同じ状況になれば
僕は、未来は暗くない・・・と思います。

投稿日時 - 2019-04-16 11:33:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

私はファイナンシャルプランナーですので、安心して頂いて大丈夫ですよ。
かんぽ生命も民間の会社になりましたから、いろいろと利益を上げるための施策を考えないといけません。
株の売り出しですが、カンポ生命がいろいろと資金調達をするために株の放出をしただけで、また時期が来れば株は買い戻すはずです。
それとアフラックへの出資ですが、カンポ生命が販売しているガン保険などの一部商品はアフラックの商品ですので、出資をすることで更なる良い商品を開発することも出来ますし、カンポ生命自体の商品開発も出来るかと思いますよ。

無責任な人は何も知らないくせにカンポ生命はなくなるとか言ってますが、後ろ楯は国ですからそんなことはありませんよ。
もし、カンポ生命が何かの原因で破綻を招くとしても、保険に関しては国の補償が必ずありますよ。

投稿日時 - 2019-04-16 11:27:25

ANo.2

生命保険会社の経営が破綻した場合でも、契約がなくなるわけではなく
生命保険契約者保護機構により一定の契約者保護が図られます。
この保護機構には、国内で事業を行うすべての生命保険会社が加入していて、
破綻した生命保険会社の契約を引き継ぐ保険会社に対して必要に応じ資金援助を行います。

ただし、契約内容によっては減額されたり一部の保障が引き継がれないこともありえますが、その前に経営状態が悪化しても同じようなことになるかもしれません。だから保険会社の格付けが重視されるのです。

学資保険はは万一の時に掛け金免除となるのが最大の特徴ですが
今の保険を継続するか、他に乗り替えるか、保険ではなく貯蓄で備えるかは
ご家庭の年収や資産、ライフプランによって違ってきます。
教育費すべてを学資保険で賄うのは現実的ではないと思います。
長期のプランになりますからマイホームや老後資金まである程度考えを固めておかないといけません、ご家庭でよく話し合ったうえで、プロのファイナンシャルプランナーか、複数社の商品を検討できる保険の無料相談窓口などを利用して相談してみてはいかがでしょう?
判断を急がず2、3か所で見積もりを出してもらって比べることをおすすめします。

投稿日時 - 2019-04-16 10:57:14

かんぽ生命の株主は90%日本郵政です。残り9%は銀行
日本郵政の株主は60%は日本政府および地方公共団体です。
将来的に消滅するということは郵便局がなくなるということになりますよ。

投稿日時 - 2019-04-16 10:19:37