こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パキンっとはじけて割れるウィンナーってどれ?

皮が硬くて噛んだ時にパキンっと音がして割れる食感のウィンナーは、どんな種類の物なんでしょうか?

そういうウィンナーを食べたくてスーパーで買ってきたんですが、皮がしっとりとしたタイプで望みは叶いませんでした。

何ウィンナーを買えば良かったのでしょうか?

もしかして種類より調理の仕方がまずかったのでしょうか?

ネットで見つけた方法で、フライパンにウィンナーを並べて、3分の1浸るぐらいの水を入れ、水気がなくなるまで加熱して、水気がなくなった後は表面が少しはじけるぐらい軽く焼くという調理方法だったんですけど間違えているでしょうか?

一本食べたら表面がしっとりしていたので、試しに油を入れて焼き直してみましたが、やはりしっとりしていました。

投稿日時 - 2019-03-31 15:41:54

QNo.9602363

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして♪

ウインナーの種類と、作り方。両方で考えたほうが良いと思います。

基本的には、ジューシーな中身が加熱されてパンパンになっていて、少し固めくらいの外皮(ケーシング)で覆われている。という具合が「良い音」に繋がります。

外皮(ケーシング)は、主に「腸」を用いますが、どの動物の腸なのかでも固さ等は違って来ますし、今では「腸」ではなく、もっと柔らかくできた合成素材もあります、このタイプは「向かないウインナー」と考えて良いでしょう。(皮がしっとりタイプ、というのがコレです。)

調理過程では「表面が少しはじける」というのが残念ですねぇ。中が熱く成ってパンパンに張った状態が、ハジケタ部分から圧力が逃げてしまっているので、なかなか良い音は得にくいだろう。と思いますよ。

私は結構田舎に在住していて、一番近い食品店がお隣なのですが、このお店では「シャウエッセン」しか扱っていません。このウインナーはカットせずにボイルしても、油で炒めても、軽く揚げても、適度に熱くなっていれば、ソコソコ良い音が得られます。

当然ですが、ボイル以外で加熱し過ぎますと表面がはじける、小爆発する事もあるので、お湯よりも高温度になる「焼く/揚げる」という場合は加熱し過ぎに注意。

あるいは、音じゃなくて、中の味を全体にも活かす。という方向でカットして用いたり、切れ目を入れておいたりして、それぞれで食べていますねぇ。。

野菜とウインナーにコンソメを使った簡単スープの場合、カットしたり切れ込みを入れたウインナーですと、ウインナーの旨味がスープにとけ込んでくれます、でも煮込み過ぎたり、残って翌日に温め直して、等の場合は、ウインナーの旨味がスープに全部抜け過ぎちゃって、ガッカリな結果になる事もあります。

丸ごと使った場合は、熱い時はわりと良い音が楽しめますし、翌日でもウインナー自体の旨味は結構残っています、でもスープにはウインナーの旨味が溶け出していないので、コンソメだけじゃなく、他の調味料やスパイスもチョイ足しでバランスを整えた方が好みですけれどね。

良い音が出ない、しっとり系のウインナーには、他の「良さ」が有りますので、コレはこれで美味しく楽しまれた方が良いと思います。

投稿日時 - 2019-04-01 19:05:53

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

入手しやすいもので挙げてみます。国産で評判が良いのはシャウエッセンだと思います。ですが私はジョンソンヴィルを推したいです。肉汁溢れるというのはこういうことかと感じますし、スモークもしっかりしています。
手に入るようなら、ドイツのソーセージもお勧めしたいです。やはりソーセージと言えばドイツです。食べ方はカリーブルストが個人的には好きです。
書かれた調理法は良く知られている方法なのでそのこと自体に問題はなさそうです。が、調理というのは具体的に何をどうするかが重要だったりします。
茹でる時は、1/3くらいの湯量なら時々転がして皮が全体的に膨れるように茹でないといけません。私は多めのお湯で茹で、茹であがったら一旦取り出す方法を用います。
その後焼きますが、油を敷かずに弱火~中弱火でじっくり焼き色を付けていきます。よく観察すると、皮の向こう側で肉汁がグツグツ踊っているのが見えるものもあります。そのうちにパンと皮がはじけるか、好みの焼き色が付いたら、焼きは終了です。

投稿日時 - 2019-03-31 22:20:12

ANo.3

こんにちは

ハウエッセンです。

ウインナーは熱湯をかけて表面の油をとって
そのあとフライパンで焼くとパリッとした
触感が得られます。

投稿日時 - 2019-03-31 19:10:18

ソーセージの原料を詰める袋を「ケーシング(Casing)」と呼びます。
従来ケーシングは、羊・豚・牛等の小腸などの天然ものが使われています。
今では、タンパク質であるコラーゲンを利用して、衛生的にコラーゲンケーシングを製造し、ソーセージケーシングとして人工の腸が使用されています。
天然腸とコラーゲンのケーシングとでは触感が異なります。
パリッとした食感を楽しみたいのでしたら市販されているソーセージで天然腸を使っている製品がお勧めです。一部ですがご紹介すると、
伊藤ハムの「アルトバイエルン」
プリマハムの「香薫」
日本ハムの「シャウエッセン」・「豊潤」
など・・・・・食べると確かにかぶり付いた時の、小気味の良いパキッと言う音と共に、肉汁が飛び散り美味しさが口いっぱいに広がるというシチュエーションです。
私は天然の羊の腸を使用した弾けるような食感と粗挽きの歯ごたえな日本ハムの「豊潤」が好きです。

調理法は書かれている方法でもよいのですが、フライパンで水は入れずに中火から弱火くらいでコロコロ転がしながら焼くだけのほうが食感がいいと思います。
余談ですが、製造過程の中で燻製する際に十分に加熱処理されて冷却・包装されたものが市販されていますので、生ウィンナー・生ソーセージ以外は加熱しなくてもそのまま食べれます。
でも、焼かないとパキンっとはじけて割れるウィンナーの食感は得られません。

投稿日時 - 2019-03-31 17:57:42

昨日3cm位の太さのウィンナーを食べました。
ゴツすぎて、パキンっじゃなく、ボリンって感じでした。

皮が茶色いウインナーはパリッとしている確率が高いです。
たまに柔らかい時もありますが。
いつもと同じく調理してるのに思ってたのと違う!という時がありますね。

なので、質問者様はそのウィンナーの種類が柔らかかったんじゃないでしょうか。

シャウエッセンのサイト見てみましたが、CMで良い音が鳴っていますから、パリッと食べられると思います。
https://www.nipponham.co.jp/sp/seq/

いわちくのエルンテフェストもパリッとします。

ちなみに、油だけで焦げ目が付くくらい焼いて、そこにケチャップを投入して絡めて食べるのがお気に入りです。

投稿日時 - 2019-03-31 16:27:54