こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ユーモアのある一言、返し方

こんにちは。
子育てや仕事で自宅の英語教室で教えていて、自分って固くて面白くないなぁ…と感じることがよくあります。
人が何か言った時にフト返せるユーモアのある一言や、レッスン中に言う場を和ませる冗談(先生がピッと言ったら立ってください。いいですかー?ヨーイ……「ピッ」っと言ったらですよ、分かりましたか?とフェイントかけて子供達を笑かせる的な)って、どう磨いていくものなのでしょうか?
ネットのサイトや本でそんな実例の書いたものとかご存じないですか?
きっとそう言うユーモアのある人は、人が言ったことでキャッチしたり自然に出てくるものなのでしょうが、私には自然にはない要素です。
教えてください。

投稿日時 - 2016-12-26 00:37:38

QNo.9273151

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

怒りっぽい先生では、冗談を言っても、それを受け止めて貰えませんね。
自分の周りの人の、悪いと思われることを探し出し、それを指摘していては、冗談と思えることを言っても、滑ってしまいます。
これは、夫婦でも同じです。
生徒の良いところを探し出して、ほめて成績を伸ばすような先生だと、つまらないことでも生徒は喜んでくれます。
あなたが毎日、楽しかったなと思える生活をしてください。
時には、怒ることも必用ですが、怒っても、その後のフォローができていれば、それが後に残ることはありません。

暗いことは考えない、明るい楽しいことを、追い詰めていけば、あなたの望むものが得られます。
でも、脳天気ではいけません。
相手により、言ってよいこと、悪いことのリスク管理は、しっかりしておきましょう。

投稿日時 - 2016-12-26 07:42:50

お礼

ありがとうございます。

暗いことは考えない、明るい楽しいことを、追い詰めていけば

心にしみます!そうですね、生徒にはそんなに怒ってはいないとら思うけどイラっとはすることあるし、子供にはすぐ怒ってしまうのでまずはそこから自分自身心にゆとりを持てるようになりたいです。

投稿日時 - 2016-12-26 20:50:40

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

身構えてやろうとすると失敗しますね。
新人のお笑い芸人が良くやる失敗です。

自然に、普段の会話から楽しく、人を笑わせる和ませるような、ちょっとした語彙が沢山ある人は可能ですよ。

本を読んで身に着けたようなものは、大抵失敗しますし、そういう本があるなら苦労しませんって。

むしろ、堅苦しいならそれはそれを貫いたらどうです?
そうしておいて「今日もまじめに面白くなくやりますよ~」という。まじめな顔してまじめなことを言うから楽しい・・・・。という図式になる・・はず。

自然に出来ないことは、無理しないことです。

ただ。なんかね。クレヨンしんちゃんなんかを見ていると面白いことが浮かんでくるっていう人は沢山いるみたいです。くだらないのが良いみたいですよ。

投稿日時 - 2016-12-26 14:49:19

お礼

ありがとうございます。そうですよね、気構えるとかえって転ぶし、しらけた時恥ずかしくなっちゃいますよね。クレヨンしんちゃん、子供と一緒に見てみます!

投稿日時 - 2016-12-26 20:44:17

ユーモアですか・・。
和ませよう、笑わせようとわざわざ意識してまで
言う必要ないと思いますよ。

まずはありのままがいいし、メリハリも必要だし、
どなたかの回答のように言っていいこと・悪いこともあるでしょうから
よっぽど気を付けて言葉を発しないと単なるスベるギャグになってしまいます。

質問文中に書かれある「ピッ」のくだりですけど、
これ、ユーモアじゃないです。。。
例の動物番組(犬を連れて全国まわっているやつ)で、連れの犬の目の前に
オヤツ置いて「待て」・・「ヨシ イクゾウ」とか言って食べさせないやつ。
あれ、見てて不快なんですよね。。

難しいんですよ。ユーモアって。ギャグじゃないですから。
発する方にはそれ相応のセンスが必要なのと同時に聞く側にもセンスが
ないと成立しません。

大阪人にバナナ持たせると電話の受話器にして喋り出すとか、、
あんなテレビ局の大阪をイメージさせようとした「仕込み演出」を鵜呑みにしては
いけません。またあれもユーモアではなく芸人がやっている単なるギャグを
真似ただけに過ぎません。

関西地方在住ですけど、あんなことしたり、言う人ばかりじゃないです。
テレビでああいう演出すればするほど「やらないと!」って意識になって
する人いますけど、それはユーモじゃなく、端なるナンセンスなギャグです。

投稿日時 - 2016-12-26 09:09:41

お礼

ありがとうございます。センス…必要ですよね。今からつけようと思っても難しいですよね。
堅いなりに何かリラックスできる楽しい話題探しの方が私には合ってるかもしれません(汗)

投稿日時 - 2016-12-26 20:47:25

ユーモアに大事なのは間です。
場合によってはドン引きされます。
他人の用意したユーモアは
いつ言おうか見計らってしまうので
おすすめできません。

発した人によってユーモアになるか
決まりませんか?

生徒の方たちは子どもでしょうか?

Oh Wow ! だけで笑わしてください。

投稿日時 - 2016-12-26 02:23:24

お礼

ありがとうございます。生徒は幼稚園
小学生だし、子供も幼稚園です。
oh wow!の反応気軽にできそうだし場を和ませそうだしやってみます!ステキなアドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2016-12-26 20:53:15

ANo.2

何もユーモアで無くても・・・・

場の空気を変えればイイだけなのだから 面白くするよりも ちょっとだけ逸れればイイのでは?

英語教室なら 英語で昔話を作るとか(又は 既にある話をするとか・・シンデレラ等 英語版があるのだから・・)

投稿日時 - 2016-12-26 01:36:10

お礼

ありがとうございます。
確かに面白いこと言わずとも英語教室ならではのことで盛り上げれば良いんですよね。
色々考えてみます。

投稿日時 - 2016-12-26 20:54:36

ANo.1

ユーモアは、日頃からユーモアに触れていないと
出来ないと思います。
以前テレビ番組で東京と大阪で、あるものを渡して、
これで何か一言!と番組スタッフが一般人に振ったら、
東京の人は殆ど何も出来ずに困っていましたが、
大阪の人は殆どの人が、ウケるウケないは別にして
何かのギャグをかましていました。
やはり大阪の人は、普段からそのようなことを
行っているんだなあと思いました。
因みに下記のサイトに、冗談が言えるユーモア溢れる人間になる
6つの方法!というサイトを見つけましたので、
一度ご確認下さい。

http://answer.blue/category1/entry23.html

投稿日時 - 2016-12-26 00:58:24

お礼

大阪の人って、小さい時からそういう環境だから発想が違うんですね!羨ましいけど簡単に真似できるものではないですよね。
うけなくてもギャグをかます心ステキです!
紹介してくださったページも良さそうだったのでまたしっかり見てます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2016-12-26 20:57:08