こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

放射線の単位

よくニュースで見聞きする放射線の単位で、シーベルトとベクレルがありますが、この違いについて教えて下さい。自分としてはシーベルトはその空間に漂っている線量で、ベクレルはその汚染された物体が放出出来うる線量と理解しているのですが全然違いますか?

投稿日時 - 2015-02-14 12:18:52

QNo.8917320

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 すでにほぼ答えが出ていますが、より分かりやすく言えば、

・「ベクレル」は放射線を「出す側」の単位
 (毎秒、何個の放射線を出しているか)

・「シーベルト」は放射線を「受ける側」の単位
 (放射線の種類や強さ、受ける側の生物学的感受性なども含めて「人体が放射線を受ける量」として決めた単位)

ということです。

 その他に、「シーベルト」に似ていますが、単純に「放射線を受けた物質に吸収されたエネルギー」という人体に限定しない物理的な単位として、「グレイ」というものもあります。
 こんなサイトを参考に。
http://www.jaea.go.jp/04/ztokai/kankyo/kihou/kihou19_1/dic/unit.html

投稿日時 - 2015-02-14 13:36:07

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ベクレルは放射性物質の数量の単位で
シーベルトは放射線量の単位です

判り易く説明すると、例えば基板に沢山のLEDが付いていたとします
そのLEDの数がベクレルで、光の強さ(光量)がシーベルトと思って頂ければ宜しいかと

ですので、LEDの数が少なくても強い光を出す方が明るくなる様に
放射性物質の種類により同数のベクレルでも、異なるシーベルトになる事があります

ですので、人体への影響を考える場合は、シーベルトの方が適切です

投稿日時 - 2015-02-14 13:01:39

ベクレルは放射線の物理的な強さ。
シーベルトが放射線が人間に与える影響の強さ。

投稿日時 - 2015-02-14 12:47:18